健康 Health

血栓、溶かすぞ~!


動物は、人間より体温が高い。

人間の体温は動物より低いので

動物の油は人間の体に入ると固まってしまう。

それを溶かすのが魚の油だ。

 

この話しを学生時代に聞いて

生態系、地球の神秘を感じワクワクしました( *´艸`)

 

 

 

さて魚の油でドロドロの血管はキレイになるのでしょうか?

魚の中に含まれる

「DHA(ドコサヘキサエン酸)」

「EPA(エイコサペンタエン酸)」

 

 

この二つには、コレステロールをサビさせない抗酸化作用があり

動脈壁にくっつくのを防ぎます!

そして抗腫瘍作用癌の増殖、浸潤を予防する!

さらにさらに、血中脂質も低下させるのだ♪

 

 

これらは多価不飽和脂肪酸(高度不飽和脂肪酸)に分類され、不飽和脂肪酸とは大豆、植物油、魚の脂などです。

そして一価不飽和脂肪酸はオリーブオイルやヘーゼルナッツなどに多く含まれ

バター、牛脂などは飽和脂肪酸に分類されます。

 

 

ややこしい~(>_<)

簡単にまとめると、体内での脂質のバランスは

飽和脂肪酸(バターなど):一価不飽和脂肪酸(オリーブオイルなど):多価不飽和脂肪酸(ごま油など)

 :  : 

のバランスが理想的だそうです!

 

イヌイットの人々はトドやアザラシ、魚貝類が主食。

野菜や穀物はほとんど食べません。

トドなど高脂質の生活をしているにも関わらず

高血圧や血栓症など血管病の割合が低い!

 

 

※ただし血がサラサラし過ぎて、出血傾向があります。

 

 

このように多価不飽和脂肪酸を多く含む、魚の脂を摂取することにより

血中脂質、血中コレステロール値は下がり、心筋梗塞などの虚血性心疾患の罹患率も低かったそうです。

多価不飽和脂肪酸を摂取することで、生活習慣病の予防・改善につながることが数々の研究によって分かっています。

 

 

多価不飽和脂肪酸の食品~

サバ、サンマ、イワシ、アジなど青魚類、鮭、ウナギ

くるみ、ごま油、母乳、レバー、卵黄、サンフラワー油、大豆脂など

魚や穀物類など多く摂取していた日本の食文化を

あらためて見直してみましょう!

 

 

次回は薄味が良い理由について

 

 

 

 

 

コメントを残す